• ホーム
  • 大型造型のアトリエ実績
  • ご利用の流れ
  • CGデータ入稿のルール
  • よくあるご質問
  • 会社概要

出張スキャンサービス

スキャンして3Dデータ化する出張サービスにご相談ください

「試作品を作るにあたって実物はあるけれど、3Dデータがない」というお客様に向けて、Izoxでは出張スキャンサービスのご相談を受け付けております。専門スタッフが現場にうかがって物や人をスキャン撮影しデータ加工をすることも場合によっては可能です。

Izoxスタッフまたはパートナー企業のスタッフがうかがいます

試作品を作るためにはCG/CADデータが必ず必要になります。「実物はあるけれど、3Dデータを持っていない」というお客様に対しては、専門スタッフがハンディ3Dスキャナーを持参してお客様のもとへうかがいモデルの原型となる物をスキャン撮影します。当社のスキャナーは、人体に悪影響がないので、等身大の人体モデルのデータを採ることもできます。

その後、出力した際によりリアルな3Dモデルに仕上げるために3Dデータを編集。そのままデータをお渡しすることもできますし、発泡スチロールに削り出して試作品などにすることも可能です。

対応エリア・出張費に関してはご相談ください。

持ち運べないような重いもの、大きなものでもOK

飛行機や一軒家など、持ち運びが不可能な巨大な物、重量がある物こそ、当社の出張サービスが便利です。また、国宝級の文化財や高価な絵画など、移動することによる破損や盗難などのトラブルを専門スタッフが現場に赴きスキャンすることで、回避できるという安全面でもメリットがあります。

似たような造形物をスキャンしてデータで加工

CG/CADデータをイチから作成するのは、労力と時間がかかります。状況次第では、似たような造形物をスキャンし、そのデータを加工してイメージする試作品のデータを作ったほうが、早くて手間がかからないことがあります。

CADデータに関する技術サポートも行っていますので、スキャン撮影と合わせてご相談ください。

立体造形に革新をもたらすIzoxへのお問い合わせ・お見積もり

お見積り・お問い合せはこちら

このページの先頭へ